近年、
宿泊施設での
サービスロボットを活用し始まり

宿泊業界は、競争力を維持するために、常に効率改善とコスト削減の方法を模索している。 サービスロボットは、従来のスタッフサービスに取って代わるか、補完することができ、人件費を削減し、多くの場合、より短時間でタスクを完了することができる。 また、常に卓越した顧客体験を提供することに重点を置いているので、サービスロボットを導入することで、一貫性のある効率的で丁寧なサービスを提供すると同時に、人との接触を減らすことができるため、顧客満足度を向上させることができる。

課題と言えば…

・人手不足
・働き改革
・生産性向上

サービスロボットだとすると…

01

配膳・下げ膳

ホテルの会場(宴会場など)は広く、厨房からテーブルまでの距離が長いことが多いため、ロボットを使って食事を運ぶのに適している。 近年の人手不足も相まって、配膳ロボットを活用することで効率化を図ることができる。 ロボットは食事を運ぶだけでなく、最近では下げ膳にも使われ始めている。 大きくて重いトレーを運ぶことができ、レストランの負担を減らすことができる。

配膳ロボット一覧
02

ロビーでのご案内

ロボットは、丁寧で一貫性のある熱心な歓迎サービスを提供し、お客様にすぐに利用できる情報や案内を提供することで、顧客満足度を向上させることができる。インバウンド回復で海外のお客様をお迎えし、ロボットは多言語に対応しており、より充実したサービスを提供することができる。更に、ロボットはスタッフの勤務時間に関係なく24時間対応可能で、いつでも宿泊者をサポートできる。

案内ロボット一覧
03

ルームサービスの提供

ルームサービスロボットは、食事の配膳、タオルやアメニティなどの配布、情報提供など、宿泊者に迅速、正確、効率的なサービスを提供し、満足度を向上させることができる。24時間ルームサービスを対応できるため、いつでも必要なサービスを受けることができる。
また、係員のミスによる問題を減らすことができる。場合によっては、ロボットがルームサービス中に人と接する機会を減らし、盗難やプライバシーの侵害といった潜在的なセキュリティリスクを軽減することもできる。

ルームサービスロボット一覧
04

施設内のクリーニング

清掃ロボットは定期的に清掃作業を行うことができ、客室、公共エリア、施設の衛生水準を高く保つ、細菌やウイルスが蔓延するリスクを低減する。ロボットは、休憩や休日を取ることなく、短時間で清掃作業を完了できるため、ホテル全体の効率向上に貢献する。また、清掃ロボットは特に清掃繁忙期のホテルの人件費を削減することができ、スタッフの代替や補充に利用することが可能。清掃ロボットには、掃除機がけ、モップがけ、除菌など、複数のタスクを同時に実行できる多機能性を備えたものもあり、清掃効果を高めることができる。

掃除ロボット一覧

リース、レンタル、本体購入、補助金にも提供できます